助成金は、都道府県や市区町村などの自治体が支給している公的資金である。起業をするための資金や、新規事業を立ち上げるための資金などに使用することができる。助成金を受け取るためには、事業計画書を始めとするいろいろな書類を作成することが必要になる。

これらの書類を個人が独力で作成することは非常に難しいため、税理士などの専門家に依頼することが多い。税理士に助成金申請代行の給付手続きを依頼すると、事業計画書などの必要書類を作成してもらうことができ、役所での申請手続きを代行してもらえる。

全ての手続きを税理士が代行してくれるので、自らは何をしなくても公的資金の給付が受けられる。代行業務は税理士だけでなく、行政書士や司法書士などの専門家も行っている。

依頼先を決める時には、ホームページを閲覧すると、公的資金の給付の代行を得意としているかどうかが判明する。依頼する専門家が決まると、事務所に出向いて打ち合わせを行い、正式に依頼することになる。